モバイルバッテリーAnker PowerCore 13000を選んだ理由

旅行や長時間の外出などで、スマホの充電が心配な場面では、

モバイルバッテリーが必須ですよね。

ただ、どんなバッテリーにすればいいか迷いませんか?

今回僕が購入した、Anker の PowerCore 13000を紹介します。

是非ともバッテリー購入の際の参考にしてみてくださいね。

PowerCore13000

結論(買って良かったかどうか)

今回、この製品を購入した結果、僕としては非常に満足しました。

結論、買って良かったと思っています。

今回のモバイルバッテリー選びの観点

今回のモバイルバッテリー選びは、海外旅行での使用を主な目的としており

そこでこの度、「AnkerのPowerCore 13000」を購入したわけですが

以下の観点で製品を選びました。

・スマホに2〜3回のフル充電が可能
・カバンに入れて長時間持ち運ぶため、できるだけ軽量であること
・比較的低価格がありがたい

Ankerを選んだ理由

メーカーとして有名

Ankerは、ここ数年で急激にメジャーになってきて、

Amazonなどの通販サイトでも常に売れ筋上位にランクインしていますよね。

コンビニで売られているバッテリー関連製品 ANKERの製品は多いと思います。

そういったところからも、個人的にはメーカーとしての安心感を感じています。

Anker(アンカー)は、モバイルバッテリーや急速充電器などのスマートフォン・タブレット関連製品の開発、販売を行うハードウェア・ブランド。米Googleで検索エンジンのエンジニアとして働いていたスティーブン・ヤンを中心に、Google出身の数名の若者達によって2011年に設立された。
出典:Wikipedia

個人的にANKER製品には満足している(経験上)

バッテリー関連のアイテムでは、以前からAnker製品を購入することも多かったですが、

僕は一度も不具合のある製品に当たったことがないです。

また長期間の使用でも壊れにくい印象です。(というか壊れた記憶がありません)

そういった経験から、個人的にはAnker製品に一定の信頼と満足を寄せています。

国内メーカーなどに比べ安価

国内の電機メーカーにももちろんモバイルバッテリーはありますが、

どのメーカーの製品でも、冒頭で記載した条件を満たすものは

いずれも価格的に高額になってきます。

Ankerは、庶民の財布に優しい価格帯で購入できます。

日本国内にも電話カスタマーサポートがある

日本にもサポートセンターがあって電話の対応もしてくれます。

基本的に電話することはないですが、何かあった場合に

電話の問い合わせ先があるって結構安心しませんか?

最近はメールでの問い合わせしかできなかったりするところが多い中、

電話の問い合わせ窓口があるってだけで、僕は安心します(笑

PowerCore 13000を選んだ理由

大容量

iPhone 8に3回以上、Galaxy S8に3回、iPad Air 2に1回の充電が可能

新しいMacBook (12インチ, 2015/2016)も約4~5時間で満充電可能ということです。

海外に行く場合、スマホとクレカは命綱だと思ってます。

またスマホは写真や動画も撮りますし、とにかく充電は切らしたくないです。

これだけの容量があれば、まずスマホの充電を心配しなくて済みますので、

心おきなく旅行を楽しめますよね。

製品仕様

容量 :13000mAh
入力 :5V/2A
出力 :5v/3A
サイズ :約97×80×22mm
重さ :約240g
 

同梱物

 

4つのランプ表示でバッテリー残量を確認できます。

 

iPhone6sと比較するとこれくらいの大きさです。

 

厚みはこれくらいです。

画像なので少しわかりづらいと思いますが、結構分厚いです。

 

取扱説明書の中に、以下の注意書きがあります。

「バッテリーの寿命を長く保つために、
少なくとも4ヶ月に1回は使用および満充電して下さい」

バッテリー系は放置した結果、充電能力が著しく低下してしまうことがありますが

4ヶ月に1回の使用頻度でよいならありがたいですね。

少なくとも4ヶ月に1度は使うでしょ〜。

良かった点、悪かった点

良かった点

・非常にパワフル!

実際に先日、海外旅行に行ってきたんですが

非常にパワフルだったので、充電に関しては全くもって困らなかったです。

Wi-fiルータを充電したりスマホを充電したりして使ってましたが、

夜ホテルに戻るまでに、4段階ある残量ランプのうち半分以上は常に残ってました。

おかけで充電をまったく気にせず、思う存分写真や動画を撮れましたし、

Google mapもガンガン使ってました!

 

・充電ポートが2つあるのが便利!

レンタル用のWi-fiルータって、使われすぎてバッテリーが劣化しているのか

そもそもバッテリーが弱いのか知りませんが、端末によっては数時間で充電が切れます。

そんな時、2つの充電ポートで、スマホとwi-fiを同時に充電できてかなり便利でした!

 

悪かった点

・案外デカかった(僕が想像していたより)

結構でかくて重いので、ズボンのポケットなどに入れて使うことは無理でした。。

ただカバンの中に入れてしまえばどうってことはないです。

 

・バッテリー自体が空になった場合の充電に結構時間がかかる。

バッテリーが空の状態になってしまうと、7〜8時間の充電時間が必要です。

まぁ、寝てる間に充電すればいいので、特に気にすることではないと思ってます。

また、空になるほど充電を使うことケースは少ないと思うので、

この部分についてはそれほど気にしていません。

まとめ

バッテリー選びは、その目的用途によって違ってくると思います。

今回は僕は海外旅行を想定しての製品選びだったので、

そういう目的や、他には山登りなど、長時間充電できない環境への外出

などには最適なバッテリーだと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

見ていただいた方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です