勝手にドル円予報(2018/05/07 23時30分)

管理人の独断と偏見による勝手なドル円予報

管理人のトレードスタイル

デイトレ〜スウィング
好きな通貨ペア:クロス円(ドル、ポンド、ユーロ)
裁量+状況次第でEAも回す

直近2ヶ月の成績

2018年03月
  • 利確:5094 p
  • 損切り:-3402 p
  • 差し引き:1693 p
  • 勝率:81.68%
  • T/P平均:23 p
  • S/L平均:-68 p
2018年04月
  • 利確:1805 p
  • 損切り:-952 p
  • 差し引き:853 p
  • 勝率:74.44%
  • T/P平均:27 p
  • S/L平均:-41 p

現在のポジション

ロング:2本

108.838(指値で仕込んでいたロング)

109.040(指値で仕込んでいたロング)

 

ショート:なし

本日の利益確定

なし

今日の反省と今後の予想

Weekly Report@ドル円(2018/04/30〜05/04) でも記載したように、ドル円の方向性がどっちに転ぶかわからなかったので、今日は先週仕込んでおいた指値以外にポジションは持たなかったのですが、もう1〜2本、ロングを仕込んでおいてもよかったかなというのが反省です。

今後の流れとしては、もう一度110円を試しにいって、そこでどうなるかというシナリオが直近目先では、一番有力かなと思っています。

再び110円で阻まれれば、次は少し深めに押すかもしれませんし、110円を超えれば勢い付いて111円後半を目指してくるのかなという風に見ています。

日足

日足レベルでの大まかなシナリオとしては、①or②ということで、110円を試しにいってどうなるか、というパターンだと思っています。

 

4時間足

4時間足にブレイクダウンして考えてみたいと思いますが、僕の中ではシナリオ①が一番有力ですね。このまますんなり110円を試しにいく。

次にシナリオ②。一旦、軽く押してから日足の20MAのサポートを受けるような形での110円チャレンジ。

最後はシナリオ③。レンジで、もつれてそのまま失速。

シナリオ③の場合、日足レベルの前回高値107.7〜107.5あたりまで深めに押してくる展開も頭に入れておかないといけないかなと思っています。

 

今週の経済指標(重要度高)

基本的にチャートしか見ておらず、ダウだけを判断してトレードをしていますが、経済指標の影響でチャートが急に変動することはあります。

そんな時に、重要指標の発表くらいは認識しておけば、その場の急変にも落ち着くまでちょっと待つなど、慌てず対処できるので、そういう意味でのチェックはしておいてもいいのかなと思います。

今週は、FRBパウエル議長の発言や、ドラギ総裁の発言などもありますので、頭の片隅においておくといいかと思います。

 

時間 通貨 重要性 指標 結果 予想 前回
2018年5月8日 火曜日
10:30   AUD 小売売上高 (前月比) (3月) 0.2% 0.6%
16:15   USD FRBパウエル議長発言  
23:00   USD JOLT求職 (3月) 6.020M 6.052M
2018年5月9日 水曜日
21:30   USD 生産者物価指数 (前月比) (4月) 0.2% 0.3%
23:30   USD 原油在庫量 4.257M 6.218M
2018年5月10日 木曜日
06:00   NZD 公定歩合発表 1.75% 1.75%
06:00   NZD RBNZレート声明  
07:00   NZD RBNZ記者会見  
10:10   NZD RBNZ Gov Orr Speaks  
17:30   GBP 製造業生産 (前月比) (3月) -0.2% -0.2%
20:00   GBP BOEインフレ報告書  
20:00   GBP 公定歩合発表 (5月) 0.50% 0.50%
21:30   USD コアCPI (前月比) (4月) 0.2% 0.2%
2018年5月11日 金曜日
21:30   CAD 雇用者数増減 (4月) 17.4K 32.3K
22:15   EUR ECBドラギ総裁の発言  

 

免責事項

この記事は現在の相場観について管理人の個人的主観で捉えたものです。この記事で未来の利益を保証するものではありません。当記事を参考に売買を行ったとしても当サイトでは一切の責任を負いません。また、FXなどの金融商品については、それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です