Weekly Report@ドル円(2018/04/30〜05/04)

先週(2018/04/30〜05/04)のドル円を振り返り、来週以降の値動きを検討していきます。

週足

まずは週足ですね。

2018年のスタートから下降の一途でしたが、ここにきてやっと反転、半値戻しという状況になりました。

この後の展開には注意が必要です。

大きなシナリオとしては、

  1. このままの勢いで全戻しする。
  2. 週足レベルでは下降トレンド継続ということで、再度下げ始める。

といった二つの目線を忘れないようにしていきたいと思います。

日足

続いて日足です。

3月26日から続いていた上昇トレンドで、先週金曜日にわずかですが安値を切り下げました。

見方はわかれるところかもしれませんが、僕は一旦ダウが崩れたと見てます。

ここ1ヶ月以上も綺麗に上昇相場が続いてましたから、トレードとしては非常にやりやすかったですね。

この間、しっかり利益を残した方も多かったのではないでしょうか。

来週以降は、そう簡単には上昇しないのではないかなと見ています。

日足レベルでは完全に上目線ですが、週足の半値と110円のキリ番あたりのレジスタンス要素があるので、上下から挟まれてレンジになるかもと思ってます。

来週以降の注意点

レジスタンス要素

  1. 週足の半値に差し掛かっている
  2. 110円のキリ番というレジスタンス要素も加わる
  3. 3月終わりから4月にかけてロングしてきた投資家もダウが崩れてくれば、そろそろ手仕舞いの売りが重なるか

サポート要素

  1. 日足の20MAが迎えに来ているので押し目を狙う投資家も増えるか
  2. このまま日足の20MAが週足の20MAをゴールデンクロスすれば、上昇に勢いがつくか
  3. 107.9〜108.5近辺のレジスタンスラインを上抜けたので、今度はその辺りがサポートラインに変わってくるかも

 

4時間足

 

4時間足ですが、順調に上昇トレンドを形成していましたが、110円にタッチしたあと急落を見せ安値を切り下げましたね。

日足のトレンドライン、日足の20MAにサポートされるような形で何とか反発して金曜日を終えました。

トレンド転換と見るのは時期尚早ですが、一旦ダウは崩れたと見るべきかと思います。

4時間足の20MAが少々下向きに傾いてきているので、来週以降は少し手を出しづらい感じですが、注意深く観察しながらトレードしてきましょう。

1時間足

 

1時間足では、先週の流れを振り返っていきます。

①〜⑦:高値

❶〜❼:安値

1時間足レベルに目線を落とすと、週の前半は上昇、後半は下降ということで比較的狙っていきやすかったかと思います。

前半は綺麗に高値更新と安値切り上げを見せていました。

高値の更新幅が、②→③→④と減少していき、④で110円にタッチした途端、急落して❸→❹と、安値を切り下げてしまいました。

その後、④→⑤→⑥と、完全にトレンドが反転しましたね。

デイトレレベルであれば、5分足〜15分足を見て、1時間足の安値をうまく捉えることができれば、そこそこ利益を取れたのではないでしょうか。

15分足

15分足でエントリーポイントを振り返っていきたいと思います。

1時間足でつけておいた①〜⑦、❶〜❼を15分足にも表示させています。

ロングのエントリーポイント

❶〜❸でちょうど入るのは難しいでしょうから、その直後に出ている切り上げポイントなどを狙っていければよかったかなと思います。

❶〜❷の間で、①の高値をブレイクしたラインもエントリーポイントだったかなと思います。

ショートのエントリーポイント

⑤〜⑦、こちらもちょうど入るのは難しいでしょう。それぞれ直後に出ている高値の切り下げポイントや、小さくダブルトップを付けているところあたりが、エントリーポイントだったかなと思います。

あとは、高値⑥→安値❻に行く途中の、高値①で引いていたラインをブレイクした後のプルバックしたところもよかったかなと思います。

まとめ

エントリーポイントを後から見返せば簡単に見えますが、チャートの右側が見えない状態でエントリーするのは、本当に自分との戦いですよね。個人投資家の誰もが共感できる部分だと思います。

当然僕も同じで、自分の目線を何度も疑いたくなりますし、場合によっては自分の目線に対して非常に楽観的になります。

エントリー直後の反転には動揺するし、エントリー直後にグングン利益が乗れば、これまでの負けの記憶が消え去り、常勝トレーダーにでもなった気分になります。

ホント、FXはメンタルが最重要だと思います。

技術面はある程度やってれば、誰しもある程度のレベルになると思います。

難しいのは如何に自分を信じられるかですよね。

スポーツでも同じだと思いますが、試合で結果を出すにはとにかく自分を信じて疑わないようになるまで練習を積むこと。

トレードの世界で言えば、過去のチャートを見返してとにかく復習すること、値動きのパターンを脳に擦り込むことがそれに当たると思います。

 

さぁ、来週も頑張っていきましょう!

 

免責事項

この記事は現在の相場観について管理人の個人的主観で捉えたものです。この記事で未来の利益を保証するものではありません。当記事を参考に売買を行ったとしても当サイトでは一切の責任を負いません。また、FXなどの金融商品については、それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です